職場で不満や悩みがあればの相談

いつも職場で充実した毎日を過ごしたいと思うのはみんな同じです。しかし、もし職場の中で何かトラブルが起きて悩みや不満が出た時に、相談できる所がほしいです。
各種労働組合やユニオンが対応してくれますが、それに加入する際には会費を払う必要があります。
会費は、組合によって違いますが、自分に合う会がないと悩んだ時に電話カウンセリングによる相談が役に立ちます。
電話はフリーダイヤルの方が携帯からかけてもお金がかからないため役に立ちます。
労働相談の場合、特定の期間で集中相談窓口を設けていることが多いです。
そこに電話をかけますと組合員の労働カウンセラーのとして何かアドバイスをしてくれます。
最近は、景気の低迷のせいで、解雇、リストラ、育児や介護の休暇の相談が多くなっています。
それで、1回や2回の電話相談では、思うようになかなか解決してくれないことがあります。
それでも、何もしないで一人で抱え込むより、電話で職場の悩みや不満を打ち明けるだけでもずいぶん違います。
電話相談だけでなく、働く人一人一人が、労働の法律や権利についての知識を知っておくことや同じ立場や悩みを持つもの同士が団結し、何か声を出して訴えることも大切なことです。

Copyright(c) 電話カウンセリング. All Rights Reserved.